常に相対するもの

昨日は車の車検期日が近づいたため、車を車検場へ持ち込んできた。ご存知だと思うが、ユーザーが自ら整備して持ち込むユーザー車検と呼ばれる制度がある。最大のメリットは格安で済ますことができるという点。整備会社へ頼むと、まだ交換が必要ないパーツまで交換される場合もあり、結果的に高額になってしまう。その点、ユーザー車検の場合は自らが判断し交換の要否を決めることができる。勿論、判断のための知識が必要となるが、最近の車はほとんどパーツ交換が必要無いほど、品質が向上している。その背景もあり、ユーザー車検が認められた形だ。私はこれまでユーザー車検で6回程受検し、問題なく合格している。

しかし今回は少し自身を戒めなければならないと感じたユーザー車検であった。

これまで何度も経験しているので、自分の中でも少しルーティンになっていた。整備したという証になる点検記録簿というものがあるのだが、ユーザー車検の場合は自分で作成することになる。あらゆる点検項目に異常の有無を書き込んでいくが、参考程度の資料で詳しくは見ないだろうといういい加減な気持ちが芽生えてしまい、チェックしなかった項目があった。

当日受付に持っていくと、担当者から全ての項目にチェックが入っていないがどうなっているか尋ねられた。咄嗟に記入漏れですと答えたため、すぐに修正して持ってくるように言われた。全て私が悪い。いい加減な気持ちで車検に合格させることだけを企んだ結果だ。修正して再度提出すると、全ての項目を確認し、それでもまだ私が記入を漏らした項目に対しては、口頭で質問され、代理で記入してくれた。全ての確認が終わると、オッケー!と大きな声で担当者は言った。その言葉は私にとって大きな安堵感と反省を与えるような言葉であった。

その後、車の検査を受け、無事新しい車検証を受け取ることができた。しかしいつもとは違い、申し訳ない気持ちいっぱいで受け取った。

ユーザー車検は規制の緩和とも取れる措置だが、規制が緩む分、責任はユーザーが持たなければならない。できるようになるということは素晴らしいことではあるが、同時に個人への責任が伴う。つまり権利と義務は常に相対するものということだ。以前から比べると、様々な面で規制の緩和が進んでいるが、規制緩和の本当の意味は、自己責任に尽きると思う。普段意識しないことを、こんなときだからこそ意識して欲しい、窓口担当者から警鐘を鳴らされたのだと感じた。権利を主張するなら義務を果たすということを忘れないよう、次回の車検時には自信を持って受検できるようにしたい。

世界津波の日

出張で連続勤務となっていたため、今日はお休みしてゆっくりすることに。

土曜日から和歌山へ津波をテーマとしたサミットが開催されていたため、参加してきた。防災というと、大切なことや重要性は理解していても、では実際にその防災意識を高めるにはどのようにすればいいかなど、深く考えている方は少ないのではないだろうか。例えば、今住んでいる場所から避難する場所を確認しているか、家族の者と災害が発生した際のルールを決めているなど、そのような方はたくさんいらっしゃるだろうか。

私たちは日本の四季に囲まれ、季節に応じた景色を楽しむことができる。綺麗な海を眺めることもできる。しかしそれは自然が生み出していることであり、ときに自然は大荒れの姿を見せつけるときもある。私たちは常に自然と隣り合わせ、つまり自然と上手くお付き合いしなければならない。しかし、お付き合いするための最低限の知識を学ぼうという人が少ない、うまり防災意識が低いのがまだまだ現状だということなのだ。

サミットは二日間に渡って開催されたが、二日目は地元の学生など総勢270名が安全な場所まで実際に避難する訓練を行った。その間、周りの地域住民の方はその様子を見守っており、和歌山には地元の方に防災意識が根付いているのだと感じた。その後は、湯浅にある「稲むらの火の館」を見学してサミットは終わった。訓練の際に感じたのだが、子供は大人に比べて危機感を持っていると思った。訓練であっても高台へ向かって駆け足で向かったり、懸命に取り組んでいた。大人の方が意識が低いのではと感じることがあった。この子供たちが大きくなったとき、防災の意識が将来に引き継がれていくのだと感じた。私も含めてだが、大人はどうも楽観視し過ぎるところがある。危機感と楽観視との釣り合いも難しいものだ。

帰りの新幹線で、この二日間のことを振り返っていた。通常の生活を送れているおかげもあって、まず自身の意識が低いと感じた。自然災害に関する有事のことなど、ほとんどの人が考えないのではないかと。しかしそれではいけないことが大変よくわかった。帰宅後、東北の震災のときのニュースをYou Tubeで初めて見返すことにした。津波という瞬時に収まることがない事象が発生すると、失われるものも多くなり、また多くの人を傷つける。そう思うと心が痛み見ることができなかった。しかし、目を反らすのではなく、今後に活かしていかなければならないと考えた。

なかなか深く意識することのない防災について、今回は深く考えさせられたと同時に、安全意識が自分なりに高揚された。このようなサミットがある場合、今後は自分から進んで参加できるようになりたいと思った。

津波サミット

世間は三連休だが、和歌山で津波に関するサミットが開催されるため新幹線で移動中。

和歌山というと、津波に関する意識が非常に高い。やはり南海トラフ地震と隣り合わせということもあるのだろう。意識が高いのは事業者だけでなく、住民の皆様も同じ。訓練やサミットがあると、地元住民の方も多数参加されるそうだ。今日はあらゆる企業から参加があるらしく、いろんな方に出会え、意見交換できるのが楽しみだ。また今日のサミットでは、三陸鉄道の社長の講演もある。乗務員やお客さんと臨機応変な判断のもと、死者を出さずに済んだ対応をした鉄道会社であることは、多くの方がご存知なのではないか。

人は自然には勝てない。今、何もないうちに有識者同士が意見を交わし合い、意識を深め対策するのは非常に大切なことだ。

私は津波に関する知識はないが、今日と明日のこのサミットで知識と意識を深めたい。

と、こうやってブログを更新していたら、びっくりすることがたった今起こった。隣席の方からコーヒーの差し入れがあった。勿論、全く面識がない方。聞くと、私が仕事の資料を広げていたのに、何もしないから私たちが騒がしくしたので仕事できなかったお詫びだそうだ。確かに騒がしかったが、仕事をしなかったのは資料を広げたものの、眠くなったのでサボっただけと言ったのだが、結果的に頂くことにした。中学生のとき、一人で新幹線に乗っていたとき、隣席の老夫婦からアイスクリームをご馳走になったことを思い出した。速い乗り物で旅の味や出会いとは皆無と思われる新幹線でもこんなことがあるのだと改めて感じた。

隣席のグループは今も騒がしくしている。まわりの人からみれば、私はコーヒーで買収されたと思われているに違いない。

f:id:umisorairo:20171104103326j:image

 

雨の毎日

最近の東京は雨の毎日。オフになって出かけようとすると必ず雨に逢ってしまう。

思い返せば先週はタイトなスケジュールであった。連続29時間不眠で仕事をしたり、お客様が来られ、接待をしなければならないなど、おかげで身体の調子が悪い。この機会に「にんにく注射」をしてもらおうと決心し、病院へ行ってきた。にんにく注射は成分としてにんにくが入っているのではなく、にんにくの匂いがするのでにんにく注射と呼ばれているらしい。以前から、効果があるのか興味があったので、今回は受けてみることにした。お医者さんと対面すると、テーブルにはかなり大きい注射器が置いてあり、少し後悔した瞬間ではあったが、結果、注射を受けて正解だった。保険が適用されないので、普段の治療代よりは高くなるが、おかげで身体が非常に楽である。私は肩こりではないが、肩こりにも効くらしい。依存性もないとのことなので、本当に疲れたときはいいかも知れない。もちろん、その前に無理をせずに身体を休めるのが先であるのは言うまでもないが。

こんな日が続いていたから、週末はゆっくりしなさいということで雨なのだろうか。昨日も今日も部屋で、特にすることもない。

先日ある人に「時間が経過すればするほど辛くなる経験はありますか」と尋ねられたことを思い出した。辛くなることは正直あまりないが、時間が経過するほど、頭にくることならあるかも。っと、ちょっと冗談交じりで受け答えしていた。それからはあまり話は続かなかったが、きっと聞いて欲しい話があったのだろうと思っていたが、そのときは忙しくて、自分に余裕がなかったみたいだ。こんなことではいけないのだが、今週も来週も和歌山と岡山へ出張がある。自分のこともしっかり考えつつ、周りに対する気配りもしっかりできるようにしたい。

マネジメントとは

先月に研修に行ったときの反省もあり、今は少し読書する時間をとらなければと、本を手にしている時間が長くなった。読んでいくにつれ、本にはいろんな表現があり、自身の勉強不足を痛感する。

今私の最も勉強したいと思っているのは、マネジメント。

マネジメントってなんですか? と聞かれると、答えは「上手くやること」これに尽きるそうだ。表現は悪いかも知れないが、携わる人が気持ち良く仕事ができるようにコントロールする必要があるということを言っているのだと思う。ルールを単に守らせるために厳しくすることは、誰でもできる。大切なのは、その先のことで、どうやってそのルールを守らせるか、どうして守らなけれならないのかをわからせるということなのだろう。いかにもマネジメントの意味を簡潔に上手く表現していると感じる。

これに則り、いつもの自分を振り返ったとき、上手くできているかどうかだ。

世の中にはいろんな仕事がある。例えばシェフなら料理のことに精通し、食材にもこだわりがあるだろうし、やはりその道のプロが世の中にはたくさん存在する。だからこそ社会が成り立つと思うが、私の仕事は人命を扱う仕事。扱うというよりは預かる仕事に就いているため、他のプロとは少し違って、何時においても完璧なプロを持続しなければならない。マネジメントが特に重要度が増す業務に就いているのだ。

そう考えると、少し怖くなる。人命を預かる仕事を後輩に任せている、その後輩たちをマネジメントしなければいけないと考えると、私の責任は重大である。

私が今、勉強することはともかく、いつか私のようにマネジメントについて考えてくれる人を育成しておくことは大切なことと感じる。

 

運転免許証の更新に行ってきた

今日は運転免許証の更新に行ってきた。

いつもは試験場へ行くのだが、すごい人で一日仕事になっているので嫌気がさしていたので、少し通鬱であった。しかし、更新通知ハガキを見るとあることに気がついた。試験場では違反者〜優良まで全てに対応しているが、神田にある免許更新センターでは違反者や初回者は更新できず、一般〜優良に限定されている。対象者が絞られているから空いているかもと思い行ってみたところ、考えは的中し、受付から交付まで1時間少しの時間で完了することができた。

ご存知とは思うが、今は講習を受講しなければ免許は交付されないことになっている。この講習が面倒と思われがちだが、5年にたった一度だけ、安全に関する教育を受講し、安全に対する意識を高揚するためにも大切な機会である。講師の方のお話を伺うと、事故を一件でも減らすために、様々な取り組みをしているという。またこのような講習を通じて、事故の悲惨さを知ってもらうことが務めであるともおっしゃっておられた。

先日、私の知り合いが交通事故に巻き込まれた。ご夫婦で亡くなってしまい、娘様も大怪我を負うという悲惨な結末となってしまった。娘様も心に大きな傷を負っているに違いない。今や車は生活の一部、事故のことなど考えることもないが、車ほどリスクの高い乗り物はないと改めて考えされられる。

車は他の乗り物とは違い、運転者に依存する割合が多いため、他の乗り物のようにハードで守られる部分が非常に少ない。事故を未然に防ぐには運転者に対する呼びかけしかない。

講習終了後に「お疲れ様でした」と両手で丁寧に新しい免許証を渡されたが、講師のこだわりと熱い思いが伝わってきたように感じた。5年に一回しかないが、このような機会に感じたことを忘れず、また5年後に免許の更新に行けるようにしたいものだ。

何歳になっても勉強

先週、たまには勉強しなさい!との上司の指示で、研修に入っていた。この歳で研修?と思ったが、仕方ない。いつもは講師役が多いのだが、今回は生徒。私にとっては長い間、職場を留守にすることはあまりしたくないと思いながら、嫌々研修を受けることに。

今日、無事終了したのだか、たまには勉強漬けも良かったと思った。新しい出会いがあり、いろんな考え方を見たり聞いたりでき、新しい発見もあった。やはり人は何歳になっても勉強が必要だ。

反省するのは、最近本が読めていないこと。

人に物事を伝えたり、表現が劣ってしまっているようにも感じた。早速、読む本を決めて明日購入しようと考えている。

今回のような機会を与えてくれた上司と、仕事をしない上、食べるものまで与えてくれながら給料まで支払ってくれる会社に感謝したい。

何度も言うが、人は何歳になっても勉強が大切だ。