読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

校長先生は孤独

昔、誰から聞いたのか思い出せないが、「校長先生は孤独」という言葉を聞いたことがある。そのときはまだ人生経験が浅いときだと記憶しており、全く意味がわからなかった。しかし今はこの言葉の意味がよくわかる。

私は校長先生ではないが、今の職場では実務部隊を引っ張るリーダー層の仕事をさせてもらっている。管理職ではないが、一般職の中の管理層であるというこの位置に置かれ、孤独を感じることがよくある。それは少なくとも他人に対して指示業務が発生するからである。私は「他人は自分とは違うのだということを忘れない」という考えを持って接しているつもりであるが、時にはどうしても相手が納得しない指示をしなければならないときもある。当人にすれば指示なので、仕方なく遂行してくれるものの、後日、私が酒のつまみになっていることは間違いない。

人を動かしたり、納得のいく仕事をさせるというのは非常に難しいことであると思う。そういう意味では、すべての人にとって理想の上司など、存在しない。「どうすれば伝わるかな」「どうすれば上手くいくかな」、日々そんなことを考え、周りには簡単に相談することもできない、そう思うとこの位置の職務は孤独だと感じる。

目の前にいるときは上司として扱い、目の前にいないときは悪口を言われる、総じて考えると嫌われ役のポジションなのだと思う。私も上司のことを悪く言うときもあるし、酒のつまみにしてしまうこともある。良いように考えるならば、今の立場をしっかり理解できたということに、自分自身の成長がみられたと解釈するしかないと思う。