気がつかない、気が利かない

つい忙しさのあまり、随分ブログの更新を怠っていた。最終更新から、季節は夏直前になっており、まもなく梅雨も開けるというところまで時間が流れてしまった。本当に時間が流れるのは早いものだ。そう思うと、悲観的な意味ではないが、人生も思ったより短いものなのかも知れない。前向きに捉えると、限られた短い人生だから、そのときを精一杯生きることが大切なのだろう。

 

今日は、「気がつかない、気が利かない」という話題。

これは会社の後輩でのことではなく、私自身のことである。これからの自分のために記しておきたい。

 

つくづく私は「気がつかない、気が利かない」、そんな人間だと思う。

仕事柄、出張も多く、お酒の席に同席させて頂くことも多い。昨日まで長期に渡り出張していたのだが、出張先での出来事を振り返ると、様々なことが気になる。

これまで私は人間関係は大切にしてきた方だと思っている。(自分勝手な自負かも知れないが・・・) そう思っていても、振り返ってみると、後悔することがたくさん出ててくる。あのとき、「こうしてあげれば良かったなー」とか「気が効いたことができなかったなー」など。終わってしまったことなので、今考えても仕方ないのであるが、今後のためを思うと心に留めておくことは大切であると思う。

今、気がつく人、気が利く人は、いろんな場面でいろんな経験(失敗)をして、自分の考えをしっかり持っている人なのだろうと思う。

 

私は、まだまだ相手の気持ちや立場になれていない未熟者である。自分に甘い部分があると思うし、まだまだ経験も視野も狭い。他人には優しく、自分には厳しくないといけない。明日からまた通常通りの仕事。そんなことを胸に刻んで、明日からも楽しい時間を過ごしたい。