運転免許証の更新に行ってきた

今日は運転免許証の更新に行ってきた。

いつもは試験場へ行くのだが、すごい人で一日仕事になっているので嫌気がさしていたので、少し通鬱であった。しかし、更新通知ハガキを見るとあることに気がついた。試験場では違反者〜優良まで全てに対応しているが、神田にある免許更新センターでは違反者や初回者は更新できず、一般〜優良に限定されている。対象者が絞られているから空いているかもと思い行ってみたところ、考えは的中し、受付から交付まで1時間少しの時間で完了することができた。

ご存知とは思うが、今は講習を受講しなければ免許は交付されないことになっている。この講習が面倒と思われがちだが、5年にたった一度だけ、安全に関する教育を受講し、安全に対する意識を高揚するためにも大切な機会である。講師の方のお話を伺うと、事故を一件でも減らすために、様々な取り組みをしているという。またこのような講習を通じて、事故の悲惨さを知ってもらうことが務めであるともおっしゃっておられた。

先日、私の知り合いが交通事故に巻き込まれた。ご夫婦で亡くなってしまい、娘様も大怪我を負うという悲惨な結末となってしまった。娘様も心に大きな傷を負っているに違いない。今や車は生活の一部、事故のことなど考えることもないが、車ほどリスクの高い乗り物はないと改めて考えされられる。

車は他の乗り物とは違い、運転者に依存する割合が多いため、他の乗り物のようにハードで守られる部分が非常に少ない。事故を未然に防ぐには運転者に対する呼びかけしかない。

講習終了後に「お疲れ様でした」と両手で丁寧に新しい免許証を渡されたが、講師のこだわりと熱い思いが伝わってきたように感じた。5年に一回しかないが、このような機会に感じたことを忘れず、また5年後に免許の更新に行けるようにしたいものだ。